主人公には些細な悩みがある。
近頃、「落ちる夢」を見ること。

毎日続くうちに、慢性的な寝不足に陥った主人公は、昼休みを「昼寝の時間」と定め、寝心地のよい場所を求めて学園中を散策する毎日を送っていた。

ある日、はじめて訪れた屋上温室で昼寝をした主人公が目を覚ますと、見知らぬ女の子・熊倉夜明(くまくら・よあけ)が隣に寄り添って眠っていた。

「うわあ!?なんで!?」
「ん…ここ、わたしの、指定席」

彼女は<不登校>の問題児だった。
学園には通学しているのに、教室に顔を出すことはない。
なぜ彼女は教室に現れないのか。
主人公は、毎日の「お昼寝」をともにすることで、彼女の秘密を知っていくことになる。


添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~

Soi Kano ~Gyutto Dakishimete~

添いカノ



添いカノ-1添いカノ-2添いカノ-3添いカノ-4添いカノ-5添いカノ-6添いカノ-7添いカノ-8添いカノ-9


おすすめの記事