今年も、春がやってきた――。

親元で暮らしていたが、両親の仕事の関係で、突然の一人暮らしを始めることになってしまう。
輝かしくも不安な、一人暮らしの舞台は――首都・東京。

親戚のおばさんが東京で営んでいるマンションの一室に引っ越したのだが、おばさんの口から発せられたのは、こんな言葉だった。

「もしかして、女の子に興味ない……?」

そんなこと、あるわけがない!
縁がなかっただけで、興味はありまくりだ。

「青春は今だけなの。恋をしなさい。後悔するわよ」

そんな感じの、あまり根拠のない後押しを受けると、なぜか何となく納得してしまう。

「そんなものかな?」

この東京の街なら、自分にも出来ることがあるんじゃないか。
都会の風にあてられて、何かに期待をしてしまう。

だから、今日から、恋を始めてみよう。
青春は、今しか咲かないんだから――。


PRETTY×CATION

PRETTY×CATION-game



PRETTY×CATION-game-1PRETTY×CATION-game-2PRETTY×CATION-game-3PRETTY×CATION-game-4PRETTY×CATION-game-5PRETTY×CATION-game-6PRETTY×CATION-game-7PRETTY×CATION-game-8PRETTY×CATION-game-9PRETTY×CATION-game-10PRETTY×CATION-game-11PRETTY×CATION-game-12PRETTY×CATION-game-13PRETTY×CATION-game-14PRETTY×CATION-game-15PRETTY×CATION-game-16PRETTY×CATION-game-17PRETTY×CATION-game-18PRETTY×CATION-game-19PRETTY×CATION-game-20PRETTY×CATION-game-21PRETTY×CATION-game-22PRETTY×CATION-game-23PRETTY×CATION-game-24


おすすめの記事