主人公はある産婦人科の中年医師。
やってくる患者は、普通の妊婦、ヤンママ、更年期障害のおばさん等々。
主人公の好みの若い患者などまったくといっていいほど来ない。
ある日、珍しく来た現役JKの患者。
ここら辺では見掛けないお嬢様学校の制服を来ていた。
「産婦人科」という事で、あまり流行っていない、学区から少し離れたこの病院を選んでこっそり来たようだ。
診察時間を少し過ぎた時間に来たので、看護婦達は皆帰り支度を始めていた。
黒髪のロングヘアで清純そうなJK。
しかもまさに主人公好みで可愛らしい。
「ここ2〜3ヵ月生理不順で…どこか悪いんでしょうか?」
なんてことはない。
思春期特有のホルモンが安定しないが故の生理不順。
ホルモン剤を投与すれば、すぐに解消するだろう。
しかし、ここで主人公の奥底に潜んでいた獣欲が顔を覗かせ始める。
日頃溜まっていたストレスと性欲が、今にも爆発しそうだった。
今この病院にいるのは俺と、このJKだけ。
「ならば、ヤルことは……決まっているだろ?」


JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~

JK to Ero Ishi ~Seijun Bishoujo JK o Kotoba Takumi ni Hametai Houdai~

JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~



JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~-2JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~-3JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~-4JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~-5JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~-6JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~-7JKとエロ医師~清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題~-8


おすすめの記事