「お兄さん、お兄さん」

ある日の朝、駅へと向かう途中の道を歩いていると、背後からそんな声が聞こえた。

「あなたのことですよ、お兄さん」

俺の前に異彩を放つ小柄な少女が現れた。
初夏を迎えて気温も高いのに、黒を基調とした服にすっぽりと身を包み、フードを目深に被っている。

「退屈、しているんじゃないかと思いまして」

訝しむ俺に、少女は驚きの光景を見せる。
駅へと向かう人たちが、ピタリと動きを止めていたのだ。
ただ立ち止まっているわけではない。
皆一様に、歩いている途中の状態で固まっている。

――まるで時間が止まってしまったかのように。

嘘だろ? あり得ない! もしかしてドッキリなのか!?
思考を巡らせてみるが、同じく微動だにしない猫や鳥を見てしまうと、もう認めざるを得なかった。

「これは『アトロポスウォッチ』と言いまして、実はこれで時間を止めているんです」
「秒針が動いていますよね。この秒針が5分を刻むまで、時間を止めていることができます」
「この秒針が5周したら時間は再び動きだす、ということです」

そんなことを俺に説明してどうなるんだ? 混乱する俺にその懐中時計を押しつけて、少女は去っていった。

「退屈、しているんでしょう?これで、その退屈な人生を面白いモノにしちゃってください」
そう言い残して。

――『アトロポスウォッチ』が、俺の手の中にある。
学園の喧噪の中、クラスメイトである光井瑠璃のおっぱいを触るために、
俺は『アトロポスウォッチ』を起動する。

俺、黒瀬悠真の人生を大きく変える、初めての『時間停止』だった。


出会って5分は俺のもの! 時間停止と不可避な運命(アトロポス)

Deatte 5-fun wa Ore no Mono! Jikan Teishi to Atropos

出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)



出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-1出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-2出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-3出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-4出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-5出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-6出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-7出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-8出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-9出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-10出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-11出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-12出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-13出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-14出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-15出会って5分は俺のもの!-時間停止と不可避な運命(アトロポス)-16


おすすめの記事